マタニティフォトでの人気のある衣装

今日から9月に入りましたががまた今週から暑い日が続くそうで身構えてしまいますね。
熱中症に注意が必要なほどの暑さになるんだとか…
プレママのみなさんや、お子様のいるご家庭のみなさんは特に気をつけてくださいね!

マタニティフォトの撮影現場で働きながら一貫して感じていることがあります。
それは「妊娠中の奥様は美しい」という純粋な気持ちです。
日々撮影現場に居ながらも慣れることなく感じています。

容姿やスタイルについてではなく、
赤ちゃんと一体になったママから放たれているオーラです。

「この子を絶対に幸せにしたい」
「パパたちと楽しみに待っているよ」
そういった優しい優しい気持ちが奥様たちの体から溢れでているのです。
心の目でそういったオーラを感じますし、その優しさに包まれた赤ちゃんの微笑みの想像できます。

 

マタニティフォトイメージ201609-1

 

しかし、マタニティフォトの撮影でいらっしゃる方の中には
妊娠後に変化しはじめた自分の体型に自信が持てないという方は少なくありません。

「妊娠前は華奢な方だったしスタイル維持への努力をしていたから今の自分の体を見ると不安になる。
これが加速していくのかと思うと恐怖ですらある」とおっしゃってました。
撮影する時くらいそんな気持ちを忘れて楽しみたいという方に私たちは
数ある衣装から気になる部分を強調させないスタイルを提案しています。

なかでも人気があるうちのひとつが「ショールスタイル」
柔らかい生地感のショールを羽織ることで上品な雰囲気も出ますし、二の腕の強調を抑えます。
黒い衣装に比べると白い衣装の方が露出している肌の分だけでなく人物全体が前に浮かび上がってきますのでオススメです。

 

マタニティフォトイメージ201609-2

 

かっこよくパシッと決めたい方には黒のレースでできた長袖のトップもオススメです。
こちらも人気のある衣装で、レースの合間からほどよく見える肌は上品さを演出します。
マタニティフォト=肌を見せるというイメージを持たれがちですが、
衣装によって見え方をぐっと変えられます。

私個人もこの衣装が好きで。
レースの中がチューブトップになっているので、
羽織るパターンと羽織らないパターンの2パターンを時間内であれば撮れますし
この気品ある衣装であれば何歳になっても流行に左右されることもなく
写真に対す感動をより保てるように思うという部分から好きです。

 

tp-3-1-400x400

 

また、一気にカジュアルに寄せるのもありですね。
こちらも人気のスタイルなのですが、帽子や髪のうねりが味を出し
オシャレなマタニティフォトに仕上がっています⭐︎
その瞬間の私を納めたい!という方にはオススメです。

ポイントは少し長めのトップスとニットの生地感。
ニットの生地感は赤ちゃんを包み込むママの暖かさが比喩されているような
ぬくもりを感じGOODです。
カジュアルスタイルの場合でも写真がモノクロームであること、背景が黒であることから
派手になりすぎません。

 

 

マタニティフォトイメージ3201609−4

 

実際にマタニティフォトの撮影後に書いて頂くアンケートでは、
「衣装が豊富でじっくり考えるその時間も楽しかったです」
「メイクさんが気さくな方で一緒に選んでくれるので頼もしかった」といった声を頂いております。

 

マタニティフォトイメージ201609-5
(HPに掲載しているお客様の声)

私たちスタッフ一同、撮ってよかった!と思ってもらえるきっかけを少しでも多く作りたいと思っています。
衣装に迷われている方がいれば好みや、理想に沿ったアドバイスを心がけています。
メイクさんも写真家さんもプロとして活躍されている方なので安心して頼ってください。

その他衣装のことなどで迷うことがありましたらいつでもメール/お電話お待ちしております。

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。