マタニティフォトが懐かしく

ゴールデンウィークの真っ最中ですが
スタジオモーツァルトはカレンダーどおりに
今日も平日営業中です。

あいにくの雨ですが、ご家族そろってお出かけされる方も
大勢いらっしゃるんでしょうね。
今年は飛び石連休なので「安・近・短」の日帰り旅行が人気のようです。

大型連休初日となった土曜日には
ファミリーフォトや第二子のマタニティフォトといった
リピーターの皆さんとの再会でスタジオも賑わいました。
懐かしいご家族との再会は感慨深いものがあります。

マタニティフォト専門スタジオとして産声をあげた年に
お腹の赤ちゃんと一緒に撮影に訪れたお客さまが
今年は幼稚園の制服姿のお子さんとファミリーフォトを撮影されました。

あのときママのお腹の中にいた赤ちゃんが
この春から晴れて幼稚園に通い始めたんです。
マタニティフォトを撮影した日がつい最近のような懐かしいような
言葉にできない感動がありました。

「主人と何か記念の際には小町さんに写真を撮って頂きたいね、
 と常々話しており…」
と嬉しいメッセージの沿えられたお申し込みのメールをいただいた日から
撮影当日を心待ちにしてきました。

お子さんの頼もしい制服姿に、写真家さんも親戚の子をお祝いするような
特別な想いで胸がいっぱいになったそうです。

撮影が終わって帰るときには、お子さんも「寂しい、寂しい」と何度も言って
おうちに帰ってからも「また会いたいよー」と言ってたと
ママが教えてくれました。

写真家さんも本当の親戚のおじちゃんになったみたいですね(笑)

なんだか私達スタッフも寂しくて、またすぐに会いたくなってしまいました。
七五三や毎年のお誕生日など、お子さんの特別な記念の撮影で
ご家族の皆さんとまた再会できる日がいまから楽しみです。

マタニティフォトにも言えることなんですが
撮影日を迎えるまでの緊張感とわくわく感、
そして当日の和やかで楽しい時間までが本当にあっという間です。

ご予約されたお客さまも、マタニティフォトの撮影前日には
ドキドキわくわくなさってるんでしょうね♪
ただ写真を撮るというだけではなくて
ご夫婦やご家族の特別な一日になれば…と思っています。

作品に仕上がったマタニティフォトが届いた日には
皆さんの喜びの声をメールでいただきます。

ご自身のマタニティフォトを眺めながら
もうすぐ会える赤ちゃんに想いを巡らせて
出産頑張ろう!育児も頑張ろう!という気持ちになるんだそうです。

マタニティフォトという作品を通じて
たくさんのご家族のお役に立てることは本望です。
月日が経っても色あせない幸せな記念のマタニティフォトを
ご家族で末永く楽しんでいただけましたら幸いです。

マタニティフォト・ギャラリー

photo2_f1.jpg